知らなきゃ損!レビトラの通販は簡単&便利に賢く活用

レビトラ通販

レビトラをネット通販で購入!簡単・便利、医療費の節約もできる

レビトラはドイツに本社を置くバイエル薬品という製薬会社が製造・販売しています。 処方箋医薬品に分類されるので、ドラッグストアはもちろん、Amazonや楽天などでは通販できません。しかし、個人輸入ならレビトラをネット通販と同じように購入できます。

レビトラはドラッグストアや楽天では取り扱えない医療用医薬品

レビトラは、ED(勃起不全)の治療薬です。

ドイツの「バイエル」という製薬会社が製造・販売しています。円形の形をした、オレンジ色の錠剤です。日本では、2004年に製造販売が認可されました。

レビトラは、内科や泌尿器科、ED治療専門のクリニックなど、医療機関でしか取り扱っていません。ドラッグストアや、Amazonや楽天といった通販サイトでは販売されていません。

レビトラは、医薬品医療機器等法に基づき、処方箋医薬品として分類されています。通常、購入するには医師の処方が必要です。

レビトラが処方箋医薬品に分類されているのは、持病や治療中の病気によって、重い副作用が起こる恐れがあるからです。レビトラを安全に使うには、医師の診察を受け、使用しても問題ないか判断してもらう必要があります。

レビトラと同じ効果を持つバイアグラは、かつては国内で取り扱いがないため、個人輸入で買う人が続出しました。しかし、患者が自己判断で使ったために、重い副作用による死亡事故が続発しました。

バイアグラやレビトラは、治療中の病気や体質によっては、命に関わる副作用が起こります。患者が自己判断で使用し、健康被害に見舞われないよう、レビトラは医師の処方が必要な薬として扱われているのです。

レビトラは病院やクリニックで処方!費用コストがデメリット

レビトラを入手するには、一般的には病院やクリニックに行って医師から処方を受けます。

レビトラの処方を受け付けているのは、内科や泌尿器科、産婦人科、ED治療を受け付けているクリニックなどです。

医療機関では、医師からの問診を受けます。場合によっては、血液検査や血圧測定が行われる場合もあります。

問診や検査の結果、問題ないと判断されたら、レビトラを処方してもらえます。

問診のときは、持病や服用中の薬についてなど聞かれます。触診されたり、局部を見られることはありません。

病院では、レビトラの料金だけでなく、診察料や検査料、調剤量などがかかります。ED治療は自由診療扱いとなるため、費用は全額負担となります。一方、自由診療のため、保険証や身分証を持っていく必要はありません。現在服用中の薬がわかるよう、お薬手帳は用意しましょう。

一部のクリニックでは、オンライン処方を行っているところもあります。電話で問診を受けるだけで、郵送にてレビトラが送られてきます。医療機関に行く時間がどうしてもないという人は、オンライン診療を試してみるのもよいでしょう。

個人輸入ならレビトラが病院より安く買える

レビトラは保険適用外のため、費用が全額自己負担になります。もっと安く購入したいという人は、個人輸入代行サイトを使うのがおすすめです。

個人輸入代行サイトなら、医師の処方せんがなくてもレビトラを購入できるため、病院にいく手間が省けます。

医薬品の個人輸入代行サイトは、多くの商品が販売されており、ほとんどのサイトでレビトラが取り扱いされています。まとめ買い割引やポイント還元、クーポンの配布などがあります。そのため、病院で処方を受けるよりも安くレビトラを購入できます。

個人輸入代行サイトで購入した商品は郵便局留めにすることもでできます。EDはデリケートな病気です。家族や周囲の視線が気になる人は、郵便局留めを利用するのもよいでしょう。

気をつけたいのは、購入したレビトラを飲んで、重い副作用や思わぬ健康被害を受けても、自己責任となる点です。

日本では、「医薬品副作用被害救済制度」という制度があります。病院で処方された薬を使って健康被害が起こった場合、治療費が給付されます。個人輸入で購入した薬には、この制度は適用されません。

また、レビトラは、持病や体質によっては服用できません。自己判断でレビトラを使うことで、重い副作用が起こる恐れがあります。個人輸入でレビトラを購入する場合、添付文書をよく読み、自分がレビトラを使っても問題ないか、よく確認することが大切です。

レビトラは手続き簡単&安い個人輸入がおすすめ

個人輸入代行サイトの利用方法は、楽天やAmazonなどの一般的な通販サイトと同じです。海外製のレビトラを取り寄せることで、病院で処方してもらうよりも安価に購入できます。医師を介さず簡便に購入できる代わりに、使い方や副作用など、すべて自己責任で行う必要があります。

医薬品を個人輸入するポイントは本人が使う

医薬品の個人輸入とは、自分が使うことを目的に、海外から商品を取り寄せることです。個人輸入とは反対に、販売を目的に商品を輸入することを「小口輸入」といいます。

医薬品は、個人で使う場合に限り、個人輸入することができます。販売・譲渡が目的の輸入は、薬機法で禁止されています。個人輸入は、基本的に関税がかかりません。

医薬品を個人輸入するなら、個人輸入代行サイトを利用しましょう。個人輸入代行サイトでは、日本では取り扱いのない薬や、医師の処方が必要な薬も販売されています。使い方は、一般的な通販サイトと変わりません。

個人輸入のメリットは「病院より安い」「通販みたいに手軽に買える」

個人輸入代行サイトでレビトラを買うメリットは、病院で処方してもらうよりも費用がやすくなることです。

病院でレビトラを処方してもらう場合、薬代に加えて、診察料や検査料がかかることがあります。個人輸入代行サイトなら、診察料や検査料はかかりません。

まとめ買い割引やポイント還元があるため、病院で処方してもらうよりも安くレビトラを購入できるのです。まとめ買いした場合に気をつけたいのは、量が多すぎると関税をとられる可能性がある点です。

個人輸入代行サイトの使い方は、一般的な通販サイトと変わりません。商品をカートにいれ、支払い方法や届け先を入力すれば注文完了です。支払い方法は、銀行振り込みやクレジット払いが基本です。サイトによっては、後払いも受け付けています。

注文した商品は、1週間から2週間で届きます。また、個人輸入代行サイトで購入した商品は、郵便局で受け取ることもできます。

個人輸入の原則は自己責任、悪質サイトや偽物の薬は自衛する

個人輸入を利用すれば、レビトラをより安く購入することができます。一方、安全面でのデメリットもあるので、注意が必要です。

レビトラは医師の処方を受けて使う薬です。

レビトラは、持病や体質によっては重い副作用を引き起こすことがあります。狭心症を患っている人や、肝機能障害を持つ人、血圧に異常がある人は、レビトラを使えません。

医師は、問診や検査で、患者がレビトラを使っても問題ないか判断を下します。そのため、個人輸入で買って自己判断で使うよりも、病院で医師の診察を受けたほうが、より安全にレビトラを使うことができるのです。

また、個人輸入代行サイトの中には、悪質なサイトが存在します。そういったサイトで商品を注文すると、「お金を振り込んだのに商品が届かない」「違う商品が届いた。サイトに連絡しても繋がらない」など、詐欺被害に遭う恐れがあります。

また、個人輸入で流通している薬の中には、偽物の薬が紛れている可能性があるので注意が必要です。偽物の薬には、有効成分が含まれていなかったり、違う薬の成分が含まれていたりします。

個人輸入でレビトラを購入するときは、口コミやネット上での評価が高く、信頼性のあるサイトを利用しましょう。

もっとお得にレビトラを活用!海外製レビトラジェネリック

レビトラをさらに安く利用したいなら、レビトラのジェネリック薬がおすすめです。レビトラのジェネリック薬はインドで製造・販売されています。 バリフやビリトラといった名前の商品が多数存在していて、レビトラと同じく、有効成分はバルデナフィルです。飲み方や副作用も、先発薬のレビトラと変わりません。

ジェネリック医薬品は元の薬と同じ効果!開発費がかかってないから安い

ジェネリック医薬品とは、「特許が切れた薬の有効成分を使った薬」のことです。

薬の有効成分は、特許が切れると、他の製薬会社も製造・販売できるようになります。製薬会社が新しく開発した薬を「先発薬」、その有効成分を使って作られたジェネリック医薬品を「後発薬」といいます。

ジェネリック医薬品の大きなメリットは、先発薬と同じ効果を持ちながら、価格が安くなっていることです。

価格が安い理由は、有効成分の開発費がかかっていないためです。薬の有効成分の開発には、莫大な研究費がかかります。また、新薬を販売する際、宣伝費もかかります。こうした費用がかかっていない分、ジェネリック医薬品は、先発薬よりも安く販売することができるのです。

ジェネリック医薬品は、添加物が先発薬とは異なります。また、先発薬より飲みやすくなるよう、薬の形が変わったり、風味がついたりすることもあります。

新薬を開発すると、20年から25年にわたって、特許期間が設けられます。特許期間中は、新薬を作ったメーカーが、その薬を独占的に販売することができます。

特許期間が終わると、他の製薬会社は、先発薬の有効成分を使って、自社の薬を作ることができるようになるのです。

レビトラのジェネリック薬・バリフやビリトラ

ED治療薬のレビトラは、ジェネリック医薬品も販売されています。ただし、日本国内では製造・販売されていません。レビトラのジェネリック医薬品は、インドで製造・販売されています。

レビトラは、まだ特許が切れていません。インドでは薬の特許に関する法律が、他の国と少し異なっており、特許期間中の薬のジェネリックの製造が許されているのです。

インド製のレビトラのジェネリックで有名なのが、「バリフ」や「ビリトラ」です。

バリフは、インドにある製薬会社の1つ、アジャンタファーマ社が製造・販売している、レビトラのジェネリックの1種です。錠剤だけでなく、タブレットタイプやゼリータイプも存在します。

ビリトラは、センチュリオン・ラボラトリーズという製薬会社が製造・販売しています。

バリフ、ビリトラは、どちらもレビトラと同じ有効成分「バルデナフィル」が使われています。飲み方や副作用は、先発薬のレビトラと変わりません。

バリフやビリトラは、日本国内では流通していいません。入手するには、個人輸入を利用する必要があります。

レビトラをジェネリックを購入するには個人輸入で海外から取り寄せる必要がある

レビトラのジェネリックは、日本国内では流通していません。そのため、病院に行っても処方されることはありません。

レビトラのジェネリックは、個人輸入代行サイトを利用することで、海外から取り寄せることができます。

個人輸入代行サイトでは、薬の輸入に必要な手続きを代わりに行ってくれます。個人輸入代行サイトを使えば、海外の通販サイトにアクセスしたり、外国語で手続きをする必要がありません。

個人輸入代行サイトでは、まとめ買いすると、1錠あたりの値段が安くなります。ただし、薬には使用期限があります。また、1度に購入する量が多すぎると、関税が発生することもあるので、注意しましょう。

個人輸入代行サイトで取り扱っているレビトラのジェネリックの中には、偽造薬が紛れている可能性があります。また、個人輸入代行サイトの中には、悪質なサイトも存在します。

偽造薬を服用すると、EDが改善しないどころか、命に関わるような重い健康被害を被る危険性があります。

レビトラのジェネリックを購入するときは、口コミで評価の高い大手サイトを利用するとよいでしょう。

安全性を考えるなら、病院でレビトラを処方してもらうのが確実です。

個人輸入で購入した商品を転売・譲渡することは「医薬品医療機器等法」に違反するので、注意しましょう。